60cm標準一週間経過

そこそこ順調で魚たち(ヒメダカ&オトシン・ネグロ)も落ちたりしてません。

ヒメダカはしっかり水面をパクついて油膜対処してくれてますね。

60cm_standard_20070401_4

草の状態は・・・。

○パールグラス: 普通に順調。ボリュームが出てきたので若干トリミングしました。

○セイロン・ロターラ: 普通に順調。ほとんど匍匐せず伸びてます。来週あたりトリミングかな?

○Ech.sp.イボレ(ライノ): 普通に順調です。

○Ech.sp.サターン2000: 遅いながらも順調。黒ひげさんがちょっと気になる感じ。成長が遅いので仕方ない?1枚新葉が出ましたけど素直に展開せず曲がってしまいます。(汗

○サンパウロ・オレンジ・ロターラ: 前回画像では全く存在感なし(ゴミ?)という感じでしたけど、赤みも出てこの環境でも十分いけそうです。成長がゆっくりな点、レイアウト水槽にはお勧めですね。

○リムノフィラ sp.: 順調、というか伸びるのが早すぎて困りものです。レイアウト水槽に使うには無理があるような・・・。肥料コントロールでなんとかなるのでしょうか?匍匐して早くも増えすぎなため2芽のみ残してトリミングしました。

○ルドウィジア sp.キューバ: ほとんど頂芽のみ状態で植えこんだため光量不足なのかちょっとイマイチな感じ。腋芽(えきが)が出てきているのでそちらに期待。静観です。

で、新ネタとしてウエノイ(C.uenoi)を沈めました。

Uenoi_subm_20070401_1

ちょっと無謀な気がしなくも無いですけどどうなるしょうか。

溶けて消えませんように。(-人-)ナム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新設60cm標準水槽

昨年末、某愛好家様より深緑透明系エキノ(2種)をいただいてましたが、現状の60ワイドでは植えるところがない!! ということで長らく鉢のまま沈んでいただいてました。

このままでは宝の持ち腐れ&増えすぎな遠藤君対策も急務ということで、何とか60標準ですが1本立ち上げました。(水槽等、殆ど在庫品なので追加投資はほぼ0円。ほんとか?)

Tank_60standard_20070325

えーと、クリップが沈んでますけど、これはオトシンのために投入している日高昆布引き上げ用です。(汗

一応、スペックは以下の通りとなってます。

水槽:縁ありの60cm標準サイズ(60*30*36)

底床:サンディーゴールド/大磯/アクアプラントサンドを7:2:1くらいの比率。

底床肥料はセット時には仕込んでいません。(先日、園芸用の緩効性被覆肥料をカプセル詰めしてエキノの株元付近に埋め込んでます。)

照明:蛍光灯20W型2灯式を1基。

.少しでも照明を強化しようということで、内部に100均のアルミテープを貼りつけてます。

(以前はキッチン用のアルミホイルを貼ったりしてましたけど、テープのほうがぜんぜん楽ですね。)

管はメロウZクリア(東芝)とパルックプレミア クール色(松下)を各1です。

濾過:エーハイム2213を1基(濾材:エーハイメック、シポラックス、カットスポンジ、バイオボール?(プラスチックの青いやつ)をほぼ等量)、テトラP1をストレーナー部にセット。

CO2:デナリーのバブカンで40泡/分、自作ミキサーで完全?溶解。

ガスは既設の60ワイド水槽と共用。(7kgボンベから電磁弁の後段で分岐。)

水草:

・Ech.sp. サターン2000

・Ech.sp. イボレ(ライノ)

・パールグラス

・セイロンロタラ

・リムノフィラ sp.

・ルドウィジア sp.キューバ

・サンパウロオレンジロタラ

生体

・オトシンネグロ(3匹)

3匹中2匹は普通のネグロとちょっと感じが違ってます。↓写真参照

・ヒメダカ(3匹)

油膜対策として投入、油膜は翌日には気にならない程度になりました。流石・・・。

↓がネグロとして近所ショップ(AQUASHOPつきみ堂さん)から入手したオトシンです。左上がオス(たぶん)、右下がメス(確定)。

Otocin_neg_sp_20070325

尾びれの模様が普通のネグロとはちと違っていて体色も若干灰色がかっています。

ちなみに脂鰭は無いのでパロトキンクルスではないようですけど、ネグロのバリエーションなんでしょうか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今日の60ワイド

久々に60ワイドの全景をアップです。

Tank_60wide_20070325

オパクスのまん前にC368(スピラリス)が出現してしまい放置してたら案の定・・・。

近日中に抜いて、新規セットした60標準のほうに植え込む予定です。右奥のも抜くかな。

レッドライントーピードバルブ、写ってますね。

とにかく良く食べるので心配は飛び出し事故。

水槽には馴染んでくれたようだし、追い回す魚も居てないので大丈夫だとは思いますけど。

期待通り他の魚との混泳も問題ないようで、エビ(レッドチェリーシュリンプ)を追ったりもしてません。

オパクス(ヴェルデ産)は一回り大きい葉がひょっこり出るようになりました。カプセル肥料か、少量高頻度の水換えが効いたのか・・・。

Ech_opacus_verde_20070325

クリプトたちはC368以外はコロ(インボイス)導入時の大溶けを引きずっていて中々本調子とはいかないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レッドライントーピード

引き続き魚ネタです。

昨日お持ち帰りしたばかりですが、レッドライントーピードバルブです。
水槽に放すと撮影困難となることが予想されたため水あわせ中の画像です。

Red_line_torpedo_20070224_01

成魚は15cmオーバーになるそうな。
まだ5cm強の個体ですが、今後が楽しみです。
1匹しかお連れできなかったので今後更に追加したいと思っています。

今のところ他魚をいじめるようなことは全く無く非常によい子にしています。
餌にもうるさくなく、やや大きくなる点がアレですが非常にお奨めできる魚です。

水槽:60ワイド
照明:20W管*4(16時~24時)
底床:大磯+ソイル少々
濾過:2213を2連
水草:いろいろ(詳細は別途)
混泳魚:いろいろ(今後紹介予定)
その他:レッドチェリーシュリンプ10匹位

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ワイツマニー・テトラ

Blog名も変更しましたので遠慮なく魚ネタでも。(汗

昨年12月11日に2cmサイズ10名様をお迎えしてはや2ヶ月半。
一名お星様になってしまいました。
計算上9匹残っているはず。
そんなに居ないような・・・。
ま、いいや。
よくないけど。
老成魚になると凄い発色になるのですが、それまで待ってられないということで現状公開です。

Weitzmani_20070221

餌にうるさいです。
人工飼料はなかなか食べてくれませんので安易にお奨めはできません。
現在はイトメをあげていますが、照明時間を短くしてから食いつきが良くなったような。

水槽:45cm
照明:15W(20時~24時)
底床:ベアぎみでサンディゴールドを薄く敷いています。厚くするとイトメがもぐってしまうので。
濾過:外掛け
水草:ウィローモスのみ
混泳魚:なし
その他:トロピカルシュリンプ(ヤマトにそっくりで淡水でも増えるとかいうやつ)2匹

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログ名を変更しました

本日をもちまして本ブログ名を "Cryptocoryne記" から "Aquarium Notes" に変更致します。
相変わらず記事投稿はポツポツという感じになるかと思いますが宜しくお願い致します。
尚、リンクしていただいております皆々様にはお手数ですがブログ名称の変更をお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水中アウリのその後

タイトルが手抜きぎみです。(汗

アウリクラータ(バジュット産)を水中化してからどれだけ経ったでしょうか・・・。
過去記事によると沈めたのは9月20日でしたから約3ヶ月ですね。

一向に大きくならない困ったちゃんでしたが、ようやく大き目の葉を展開してくれました。
長かったー。

Auribajut20061216subm

タイミング的にAshirielさんの液肥テク処方前に兆しがありましたが、
根もしっかり機能してるということでその後注射も行ってます。
なので、今後更にサイズアップしてくれるかなと思います。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

オパクスも大分葉数が増えました

苦労知らずのオパクスさん。(ヴェルデ産)

Ech_opacus_verde_20061216

大分葉数が増えました。
水上葉がまだ2枚ほど残っていて汚く見えていますけど
水中葉にはコケもほとんど付かず非常に綺麗です。
(ボヤっと写っている魚はエンドラーズ♀です。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水中ストリオのその後

久々のエントリーです。(大汗

水中化した実生ストリオ(サワック産)ですが、非常に順調です。
水上での苦労が嘘みたい。
写真では全然わかり辛いですけど、葉には若干の凹凸が見られ、
銀のラメが乗っています。

Strioratasawaksubm_20061216

まだ水上に多数の株がありますけど全部沈めることにします。
今後、放出可能サイズになりましたらばら撒きますので宜しくお願いいたします。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

ストリオも水中投下

実生のストリオラータ(サワック産)、水上でカビカビになっちゃってましたので水中化して回復を図ろうかなと。
ご覧のように小さい株なので体力も無いわけで、駄目なときは駄目でしょうね。ヲイヲイ
非常に分かりづらいですけど9株植わってるんですよ。

Strioratasawaksubm_20061022

あまりにもしょぼい絵面(えづら)だったのでオパクスさんに賛助出演をお願いしました。
右のほうに写ってるのはロベリア・カーディナリスであって小松菜ではありません。

| | コメント (26) | トラックバック (0)

«ヒューデロイ(バース)水中